09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

エトランゼ~異邦人~

さだまさしさんと写真をこよなく愛するYORKのBlogです

花火 

7607花火100731 


煌めく光のその向こうに
哀しげな表情が浮かぶ。。。



7626花火100731 


一瞬で花開き
すぐに消えてしまう恋・・・



7615花火煌めき100731 



その切ないまでの儚さよ・・・








早いもので、もう8月に入りましたね。。。
いつの間にこんなに時間が過ぎ去ってしまっているのか・・・

母が逝ってしまってから、もうすぐ3ヶ月が経とうとしています。

母がいないことに、少しずつ慣れてきていますが、
やはりふと思い出してしまうことも多く、
あのとき、ああしていれば良かったなあ。。。などと思ってしまいます。


さださんが書かれた小説「眉山」の「神田のお龍」の言葉が今更ながら身にしみます。

『 あんた、借金を返すのは当たり前だよ。孝行だなんておこがましいことお言いでないよ。
 いいかい、それにね親が生きているうちに孝行しろだなんて世間は言うけど、そいつは間違いだよ。
 いいかいまっちゃん、孝行はね、親が生きているうち、じゃあ遅すぎるんだよ。
 親がねえ、元気でいるうちにしなきゃあ駄目だよ。』



両方の父はすでに亡く、母も他界した今、
両親のうち、旦那のお母さんだけは、まだ命はあるけれども、
意識の無いまま1年が過ぎました。

孝行をする親が居なくなって、改めてもっといっぱい親孝行をしておけば良かったと思います。

だからね、まだ親が元気でいるのなら、
元気なうちにしっかり孝行してくださいね。





昨日は仕事がらみもあり、岡山の花火に行きました。
いったいどこからこんなに人が湧いてくるのだろう??と言うぐらいの人・人・人・・・

その中で甲冑を着た人や、たいまつを持って行列に参加する人など、
お祭りを盛り上げようと地域や係の人ががんばっていらっしゃいました。

仕事もあるので、ほんの少ししか花火は撮れませんでしたが、
チョコッとだけ撮影・・・(*^.^*)エヘッ

当然のことながら、いつものように手持ちなので、手ぶれとの戦いでした~~



今朝未明には、まっさんの生だらがあったはず・・・・
録画予約もバッチリしていたはず・・・
なのになのに。。。。

娘1も録画予約をしていて、ダブル録画で設定していたはずなのに、
まっさんが、全然撮れていませんでした・・・w(゜o゜)w オォーノー!!

今朝はまっさんを見るのを楽しみにしていたのに。。。
がっくりです・・・・



毎日暑い日が続きます。
どうぞご自愛くださいませ・・・







スポンサーサイト

Posted on 2010/08/01 Sun. 22:08 [edit]

category: 夏の空・夏の風景

thread: 詩とphoto  -  janre: 写真

TB: --    CM: 2

01

コメント

 

花火は一瞬に消えますが
その華やかさと儚さがなんともいえませんね。 真夏の暑さを吹き飛ばしてくれる
画像です。 ありがとう♪

URL | 心海 #L9s05DP. | 2010/08/02 20:31 | edit

心海さんへ 

花火は一瞬で、本当にはかないからこそ、
その煌めきに魅入られるのだろうなと思います。
今日も地元の花火を見に行ってきました~~

URL | YORK #TILiiLos | 2010/08/02 23:40 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form