07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

エトランゼ~異邦人~

さだまさしさんと写真をこよなく愛するYORKのBlogです

夕焼けの中で。。。 

遠くからあなたを見ていた。。。


ずっとずっとあなたを見ていた・・・

 

 


 

 

夕焼けの中に融け込んでいくあなたを


じっとじっと見守っていく。。。

 

 


 

 

いつまでも愛してるから・・・

 

 

 

 

先日、高知への一泊出張のうち、一日が休日だったので、その代休で今日はお休みです。
(無事に娘の修学旅行も済み、ホッと一息~~~)

 


子供達が居ない時に、のんびり休めるって嬉しい~~
ありがたい!!

 

てなわけで、今日は朝からのんびりです。

 

先日放送された、真夜中のあれ。。。「今夜も生でさだまさし」を録画していたのをみて、
それから、まっさんが書いた小説「アントキノイノチ」を読んでいました。

 

「解夏」「眉山」と同じくらい、スラスラと読めちゃっています。(まだ読み切っては居ないけど~)

 

遺品整理業って、あるんだねえ。。。って、思いながら、
その情景の描写がやっぱりうまいのね。
(まっさんが取材をして、今回の本のモデルにした遺品整理業キーパーズのHPをリンクします)

 

アントキノイノチ」良かったら、ぜひ買って読んでみてください。。。o(*^▽^*)oあはっ♪

 


なかなか考えさせられる文章で、命について、ちょっと考えさせられる。。。
やっぱりまっさんだね。。。そんな感じです。

 

今日はこれから、義母の所に行ってきます。
事故から明日で1ヶ月。。。
もっと前に逝ってしまうだろうかと思っていたけど、
私たちに心の整理をつける時間をくれている義母。
旦那も少しずつ、割り切り始めている見たいです。

 

割り切れるわけじゃないけどね。。。

 

命はいつか消えていくものだと、でもだからこそ、自分から命を絶ってはいけないと。。。
そんな内容のお話、、、アントキノイノチ。

 

今の我が家の現状からも、考えさせられる心温まる一冊です。

 

 


 

スポンサーサイト

Posted on 2009/06/01 Mon. 11:37 [edit]

category: 春の空・春の風景

TB: --    CM: 15

01

コメント

 

命の炎って神秘的ですね。
病院生活は可哀想です、人間らしい生活が出来ないって事が、本人にはとっても苦痛だと思います。
命あるものは、必ず死を迎えます。
その時、残された者がどう受け止めるか、心の準備は必要ですよね。
義母さまに、みんなが心配してますよって、声を掛けてあげて下さいね(????)ノ

URL | セシル? #79D/WHSg | 2009/06/01 13:30 | edit

 

素敵な夕焼けですね。
命の尊さ考えさせられますね。
病院生活は大変だと思います。 義母さま早く意識が戻られるといいですね。
耳元でご家族の声は必ず届いていると思います。
生きるということは自分ひとりのことだけじゃなく家族のためにもあることだと思います。

URL | 心海 #79D/WHSg | 2009/06/01 13:44 | edit

 

読みたいなぁと思っている一冊です
まっさんの本は 文章が綺麗 情感が溢れてる
歌と同じですね

URL | 翔子 #79D/WHSg | 2009/06/01 14:36 | edit

 

生者必滅と申しますが、簡単に割り切れるものではありません。
生命の尊厳を軽んじてはならないのですから。

URL | MVK #79D/WHSg | 2009/06/01 14:41 | edit

 

セシルさん>正直なところ、意識もなく機械で呼吸をしている義母を見て、本当にこれで良かったのかなあ?と思うことがあります。でも、きっと私たちに心の整理をする時間を与えてくれて居るんだなって思うんです。いつか逝ってしまうけど、それまでできるだけのことはしたいなと。

URL | YORK #79D/WHSg | 2009/06/01 14:47 | edit

 

心海さん>義母の意識が戻るとしたら奇跡なのでしょうが、奇跡が起こることを信じたいです。今は、時間ごとにしか会えない場所なので、何もしてあげられません。楽ちんといえば楽ちんですが、何も出来ないというのも辛いものですね。せめて行って声をかけるぐらいしかできないですが、できるだけ足を運んでいます。

URL | YORK #79D/WHSg | 2009/06/01 14:49 | edit

 

翔子さん>はい。歌と同じでとても優しくて強いです。優しさって本当の強さなんだと思います。良かったらぜひ読んでみてください。

URL | YORK #79D/WHSg | 2009/06/01 14:49 | edit

 

MVKさん>「いずれ必ず死んじゃうってことは違わないけどね。・・・・あのね、杏平、命の重さに差はないけど、生きる重さには差があるんだよ。」 アントキノイノチの中の台詞の1つです。命・生きる・・・そんなことを考えさせられる本です。やっぱり、まっさんだなと思うんですよ。人間、いつかは死んじゃうけど、そのためにしっかり生きなくちゃねと思います。

URL | YORK #79D/WHSg | 2009/06/01 14:53 | edit

 

とっても いいぃぃ~~~~~~っ?金色でつ (●´∀`人´Θ`●)ねぇ~~~っ?+。・゚・。+?

ここんとこ いつにもまして バタ!! o((^・Θ・^;〃≡〃^・Θ・^;))o バタ!!してるから
なんだか 金色の写真見て ホッとしましたっ?~~旦_(-Θ-* )ずずぅ♪
眉山は 読んだけど 解夏は まだ 読んでないんでつよねぃ。。。((o(*^Θ^*)o))わくわくっ..♪

URL | ぴょこたん♪ #79D/WHSg | 2009/06/01 15:30 | edit

 

ぴょこたん>「アントキノイノチ」をたった今、読み終わりました。面白かったし、いっぱい考えさせられました。ぜひぜひ読んでみてくださいね!!解夏は短編小説が4編だったかな。。。これも良かったですよ。

URL | YORK #79D/WHSg | 2009/06/01 16:03 | edit

 

その通りですね。いつかは消える命ですが、尊い命は何ゆえに尊いのかを知る必要がありますよね。自分だけの命ではなく、両親の大きな愛情があり、両親には4人の両親の愛情があり、4人には8人の愛情があり・・・・・・ と考えて行くと私達はどれ程多くの人の想いを引き継いでいるのか。だからこそ命は尊いのでしょうね。

URL | ステージ #79D/WHSg | 2009/06/01 21:01 | edit

 

ステージさん>いつかは消える命だけど、だからこそ、生きている間をどう生きていくか。これが大切ですよね。

URL | YORK #79D/WHSg | 2009/06/01 21:37 | edit

 

マヌカンさん>車で病院に行っている途中、信号待ちでふと撮った風景なんですよ。こんな色も久々に撮りました。

URL | YORK #79D/WHSg | 2009/06/03 21:27 | edit

 

あっきさん>そうそう。当たり!!岡大かな?もしくは関西高校かな。。。ボート部の練習風景です。桜橋の手前辺りで撮影しました。信号待ちでふと川を見ると、良い色~~~ってわけで、迷惑なドライバーをやっています~~

URL | YORK #79D/WHSg | 2009/06/03 21:29 | edit

 

Sunnyさん>お返事の順番を間違えてごめんなさい。アントキノイノチ、読み終えましたが、やっぱり考えさせられる一冊でしたね。もう一度読み返そうと思っています。

URL | YORK #79D/WHSg | 2009/06/03 21:33 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form