05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

エトランゼ~異邦人~

さだまさしさんと写真をこよなく愛するYORKのBlogです

蕨原谷の滝・御洞の滝(新見市・旧大佐町) 

9月に入り、ちょっと涼しくなりましたが、皆様いかがお過ごしですか。
なんちゃって滝見は、思いつきで出かけることも結構あるため、
装備とかをせずに行っちゃうので、危ないところは遠くから眺めるだけになります。
それでも今年は結構あちこち行ったな~~って思います。

だんだんと、簡単に行ける滝の数は減ってきましたが、
それでも、岡山県の滝見リストさんの中から、0や1のレベルを選んで突撃しています。(笑)

9月6日(土)は、新見市の中でも旧大佐町付近に行ってみることにしました。

まずは、滝見リストさんで、レベル0となっていた「蕨原谷の滝」を目指しました。

ここには看板とかが出ているわけではなくて、これがそうかな??って感じでした。

とりあえず、地図を頼りに目的地まで。。。。

3586蕨原谷の滝の横にある看板140906 



こんな看板があり、その横に道が通っていました。
道の横に急流があり、多分そこが蕨原谷の滝だろうと思うのですが、
今ひとつよくわかりませんでした。


3593蕨原谷の滝140906 






ちょっと物足りなかったので、すぐ近くにある「御洞の滝」にも行ってみました。
3595御洞の滝説明板140906



説明板もありました。
でも、道から結構離れてて、下に降りる道があるのかもしれませんが、
よくわからずじまいでした。

というわけで、道から見えるところだけ何とか撮影しました。


3594御洞の滝上部140906 



これは、御洞の滝上部あたり。
急流という感じのなめ滝と呼ばれる部類だと思います。

中部でくの字型に流れが曲がっているようでした。


3603御洞の滝下部140906 


下部は数メートルを落下するものでしたが
滝壺には、行けなかったので、道から遠目に撮影~~



今回の2つの滝は、ちょっぴり不完全燃焼って感じかな。

でもまあ、滝見を本格的になさっている方のBlogで楽しむことにします。



さて、帰りはどう帰ろう???
取りあえず、大佐ダムが近くにあったので、そこで一休み。

3605大佐ダム140906 

(大佐ダム、ダム湖)

そのあと、大佐から北房ダムの方に抜ける、県道58号線を通るつもりでした。
(リンク先の地図を見てくださいd(-ω・。)ネッ!☆)

ところが、小阪部川から離れて、くの字型に道が曲がるところで、なんと通行止め。
今更引き返すのも面倒だったので、ダム湖沿いに行ってみることにしました。

ところがねえ。。。。この道がひどかったの。
もちろん、すれ違いも厳しいような一車線道路で、
しかも左手のダム湖側にはガードレールも無いような場所もありました。
雨も降り出すし、山から水が流れ落ちてくる場所もあるしで、
ヒヤヒヤしながら運転をしました。


3609雨後にできるミニ滝 小阪部川ダム湖140906 

(小阪部川ダム湖に落ちていく、雨後にできたミニ滝)


ようやく小阪部川ダムまで抜けたときには、本当にホッとしましたよ。


3610小阪部川ダム140906 

(小阪部川ダム)


ようやく新見市の180号線にでて、そこから岡山へ。

180号を走っていると、白滝と思われる滝をちらっと見たような気がしました。
でも、しっかりみていないので、また今度行ってみよう~~っと。
ここも、滝見リストさんでみると、簡単に行けるようだから。
また後日の楽しみに取っておきました。



帰りがけに、ファミマに寄ったのですが、
総社種井店 グーグルマップにはまだありません。「たね井や」の横)
そこの駐車場から山の方をみると、なんと山から水がドウドウと流れ落ちていました。
おそらく、石部商店採石場と呼ばれる辺りなのでは無いかと思います。

3614山から流れ落ちる水(コントラスト補正)140906  
(遠くから撮ったので、コントラストだけ補正をしています)

これこそ、雨後の滝~~~って感じでしょうか???

なんだかちょっとだけ満足して、今日の旅は終了でした。




次回は新見市の亀ヶ原の滝で~~す。







スポンサーサイト

Posted on 2014/09/21 Sun. 11:53 [edit]

category: 滝めぐり

TB: --    CM: 2

21

コメント

 

「蕨原谷の滝」とされているのは、「古谷川の滝」だと思いますよ、たぶん。
どちらも大佐ダムの周辺ですが、蕨原谷の滝のそばにガードレールはありません。

小阪部ダムの傍の県道442は、知る範囲県内でも屈指の険道です。
よくあそこを走破されましたね、それでしたら県内の県道何処でも大丈夫でしょう (^^)

総社の滝はラッキーですね、雨後だけ現れる滝はいくつかありますので、
私もリストアップして気にしておきます。命名は早い者勝ち、みたいですよ。

URL | cantam #- | 2014/09/22 05:06 | edit

cantamさんへ 

> 「蕨原谷の滝」とされているのは、「古谷川の滝」だと思いますよ、たぶん。
> どちらも大佐ダムの周辺ですが、蕨原谷の滝のそばにガードレールはありません。

地図からしたら「蕨原谷の滝」辺りまでは行っていたのだと思うのです。
でも、もしかしたらもう少し道を上れば良かったのかもって思います。
雨が降り出したので、早々にそこから引き上げたので、じっくりと探せなかったんです。
あの滝らしき場所は、広い道からすぐの場所だから、まだ滝まで行っていなかったのかもって思います。

小坂部ダムの傍の道、県道だからと走り出したのが間違いでした。
もう手に汗握るとはこのことだと思いましたもの。
ダム側に落ちたら命が無いから、取りあえず、崖側にへばりつくように走りました。(笑)

総社の滝、あれにはビックリしました。
ふと山の方をみたら、かなりの大きさの滝が出現していたものですから。
でも、採石場みたいでしたので、大雨の後で無いと出現しないような気がします。

URL | YORK #tBZwmCIw | 2014/09/23 00:40 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form