05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

エトランゼ~異邦人~

さだまさしさんと写真をこよなく愛するYORKのBlogです

行き当たりばったりの旅 紀伊半島編 


いつもお盆の頃には、旦那と行き当たりばったりの旅に出ることが多いのですが、
今年も行ってまいりました。行き当たりばったりの旅。
娘とも行き当たりばったりですが、旦那とも行き当たりばったりなんです・・・・(;^_^A アセアセ

さて、今年はどこに行きたいか。。。あれこれ考えたんですよね。

最初は、さださんの小説に出てくる舞台の石鎚山の方に行こうかなあ??って思っていました。
でも、何があると言うわけでは無いので、旦那といっても目的地が無いことになってしまいます。
これじゃ多分ダメだな、、、
というわけで、次の候補は「熊野古道を見たい」でした。
歩いてみたいと思ったわけですが、これはなかなか難しそう。。。
まあ、せめて車で行ってちょっと見てこようと思い、それなら「那智の大滝」を目的地に!!
と、思い立ったわけです。

なので、今回は那智の大滝が目的地。可能であれば、三千院とか嵯峨野とかにも行ってみたい。。。
と、ワガママを言ってみました。
那智の大滝って、、、、実はどれくらい遠いか、最初はピンと来ていなかったんですよね。

旦那と一緒に、8月12日(月)の朝、9時過ぎに岡山を出発しました。
まずは、高速を使って、一路和歌山方面へ。
お盆の渋滞があるだろうかと、少し不安がありましたが、
まだ都会から田舎へという方向の渋滞がほとんどで、
多少の混雑はありましたが、渋滞で困った~~~ということはありませんでした。


まず、最初に行ったのは、白浜温泉の円月島

8211円月島130812 



この穴の中に、夕日が沈むところが撮せたら素敵でしょうねえ。。。

白浜は、海水浴客でごった返しておりました。
駐車場もあちこちありますが、どこもかしこも1回駐車料金は1000円。
いやいや、、、、海水浴なら止めますけど、そうじゃないもの~~~。
1000円も払って停める気にはならないよ~~。
というわけで、道ばたにちょっとだけ停めて、円月島を撮影させてくれました。

毎回の旅で、その観光地でのんびりと遊ぶってことはほとんどありません。
もう、旅の8割がドライブという感じです。
なので、ここもチョコッと車を停めてはくれますが、10分くらいで切り上げです。
(旦那の趣味に写真があれば、じっくり撮らせてくれるのでしょうけど。。。)

それから、もう少し車を走らせて千畳敷に行きました。

8231千畳敷130812 



千畳敷は、第3期層のやわらかい砂岩でできていると書いてありましたから、
新生代第3期の頃の砂岩なのでしょうね。
柔らかいというのは、本当で残念なことに岩にいっぱい落書きがありました。
心ない人たちが訪れた記念にと書くのでしょうが、
彫り込まれたものは消えませんから、なんとも情けない気持ちになりました。



「アドベンチャーワールドは行かんでええんじゃな?」と聞く旦那。
ええ、、、別にパンダは見なくていいんです。
そんなことをしていたら、那智の大滝に着いた頃には真っ暗になるし・・・

というわけで、次のポイントにレッツゴー。


次は、本州最南端の地、潮岬です。

8245潮岬石碑130812 




「潮岬では 北西の風 風力4 晴れ 05ヘクトパスカル(1005hPa) 15℃」
と、ラジオの気象通報で言われていたのを思い出しました。
お~~。ここがその潮岬か!!と、思わず感動(笑)

潮岬から見える水平線、ここから昇る朝日とかここに沈む夕日とかが見たかったです。

それから近くの橋杭岩に行きました。



8257橋杭岩130812 



ここは弘法大師様と天の邪鬼の逸話が残るところです。
マグマの貫入によって堅い火山岩と柔らかい堆積岩という堅さの違いが生まれ、
柔らかいところが無くなってこのような形になったそうですが
本当に、橋の杭のような、または櫛みたいな形に見えちゃいますね。

さて、白浜から潮岬辺りにかけての名所を駆け足で見た後は、とりあえず那智の滝に行きたい!
ああ、、、でももう4時過ぎ。那智の滝に着く頃には暗くなっているのでは????
私の心配をよそに、旦那は車を走らせます。



8271熊野那智大社絵馬130812 





そして、熊野那智大社に着いたのは、やっぱり日が落ちてからでした。
それでも、6時半頃だとまだ暗くは無かったです。
暗くは無いけど、もう神社は閉まっていて、参拝はできたけどお守りとかは買えませんでした。
まあね。。。あっちこっちに行ってお守りばっかり買っても仕方ないのだけど
つい、買っちゃうんですよね・・・・お守り。。。。(;^_^A アセアセ


8273八咫烏130812 





このところ、交通事故続きだし、八咫烏さんにお願いしなくっちゃ。。。
と、ちゃんとお参りはしてきました。

那智の大滝も一応撮影してみましたが、やっぱり暗くなっていたので今ひとつうまく撮れません。


8282那智の大滝130812 




明るいときに来たかったなあ。。。でもって、のんびりと滝の撮影もしたかったなあ。。。
とは思うけど、まあここまで来ただけでも良しとしなければね。

とりあえず、那智の大滝を見るという目的の一つを達成です!


このあたりで、とりあえず泊まることにして、明日はどうしようと言っていたら、
旦那が、「瀞峡を見たい」と言い出しました。
で、とりあえず下見に行きたいと言うので、瀞峡方面に車を走らせてみました。

なんだか凄い山の中。。。まあ、そりゃあ秘境と言われる渓谷でしょ??
確かに山の中だけど、これって国道よねえ???なんて言いながら車で国道169号線を走ります。
途中にある船乗り場を見て、「こんなところまで観光バスは来るのだろうか??」
なんて言いながら、その日は引き返しました。
新宮市に帰る途中、突然目の前に何かが飛び出してきました。
何?!と、ビックリしていると、なんと「野良鹿!!」が道にいるでは無いですか。。。。
「しか~~~?!」って思わず声を上げちゃいました。
(残念ながら、あまりのことに写真を撮る余裕はありませんでした。)
いやあ、、、猫とか狸とかは遭遇したことがあったけど、道で野良鹿に逢ったのは初めてでした。



さて、2日目の8月13日(火)
この日もお天気は良くて、暑くなりそうな予感。。。。
とりあえず、瀞峡に行ってみるかなあ??それとも熊野本宮大社に行くかなあ??
などと考えながら、本宮方向に車を走らせていると、
瀞峡ウォータージェット船乗り場」というのが見えたので、当然ストップです。


8304瀞峡ウオータージェット船130813



ここから、往復で2時間弱の船旅です。



8376瀞峡130813 



瀞峡は、奈良県の十津川村と三重県と和歌山県の3県がちょうど接する場所なんですね。


8400瀞峡と船130813 




そこで店を開いているおじさんに「ここは何県ですか?」と聞いたら、
「ここは、奈良県の十津川村ですよ」と教えてくれました。
うん!(^-^)帰りは十津川村を通らなくちゃね。



8395まるで千と千尋 瀞峡130813 




この場所は、まるで千と千尋の神隠しかと思われるような雰囲気の場所で、
なんだかすごく不思議な感じの場所でした。



瀞峡を楽しんで、次は熊野本宮大社へ。



8457熊野本宮大社130813




ここでは、日本再生の祈願の大きな絵馬がありました。



8462Pray for Japan熊野本宮大社130813 



もちろん、明るかったので、お参りもバッチリ。
お守りも買えました。(お守りばっかりと、子供達には不評ですけどね。。。)




8466熊野本宮大社130813 






あれ??最初の目的の熊野古道は??って思うでしょ??
熊野古道は本来はちゃんと歩くべきものなのでしょうけど、根性無しの私は車での参拝です。
でも、ほんのちょっとだけ触れてきましたよ、熊野古道


8470熊野古道130813 





熊野那智大社の傍にもありましたが、熊野本宮大社の傍にももちろん熊野古道がありました。
なので、拝殿から駐車場のところまで、ちゃんと熊野古道で帰りました。_(^^;)ツ アハハ
本格的に歩くのでしたら、ちゃんとそれなりの歩くための装備をちゃんとした方が良いのでしょうね。
そんな根性は無いので、チョコッとその気分だけ一瞬味わいました。o(*^▽^*)oあはっ♪


ここからは、岡山に向けて帰ります。
帰りはとりあえず、さださん推奨の十津川村に寄って、お昼ご飯を食べようと言う話になりました。
で、十津川村に向けて出発です。


今回の旅では、熊野川とその支流の傍を何度も通過しましたが、
あの台風12号の水害の時に発生した大規模な土石流のその爪痕が、
未だに至る所に残っていて、大変だったのだなと痛感しました。


8473崩れた山肌130813 





そんな中で復興に向けてがんばっている十津川村をじっくり見てみたかったわけです。
ところが、十津川村の道の駅までやってきたら、駐車場に入りにくいって言って、
通過してしまったんですよ。。。(・・,)グスン
十津川村を楽しみにしていたのに~~~~~!!!

さださんファンでは無い、旦那にとっては十津川村に思い入れは無く
泣く泣く通過をいたしました。。。。_| ̄|○


その先の吉野路 大塔道の駅で昼食をいただきました。

その後渋滞を避けながら阪神高速に入ったのですが、これがまたわからないの。
ちょっと車線変更を間違ったら、出口が違って思わぬ方向に行くのよね。
行くつもりじゃなかった六甲アイランドに行っちゃったり、ポートアイランドに行っちゃったり
そんなことを繰り返しながら、無事岡山に着きました。
(関西圏の人は普通なのかもしれませんが、あの阪神高速はさっぱりわかりません~~~)


行き当たりばったりの一泊二日の旅。
娘と行くのとどっちが行き当たりばったりなのでしょうね??(笑)

とりあえず、なんとか無事に戻って来れて良かったね~~と娘に言われました。
次の行き当たりばったりは年末かな???
次はどこに行こうかと今から行き先を考えないといけませんね。
長々と駄文を読んでいただき、ありがとうございました~!!
















スポンサーサイト

Posted on 2013/08/15 Thu. 21:42 [edit]

category: 日記・旅行など

thread: 旅の写真  -  janre: 写真

TB: --    CM: 2

15

コメント

 

懐かしい風景。
家族で訪れた時は夕陽の時間と夕食が重なり、家内に頼んで勝手な行動をさせてもらいました。どうしても円月島に沈む夕陽を見たくて。言われる通りとても素晴らしかったです。
母の名は那智子でこの那智の滝から名を付けたそうです。

URL | ステージ #UgWWdkD2 | 2013/08/17 21:19 | edit

ステージさんへ 

円月島に沈む夕日を見られたのですね。いいなあ~~
奥様が理解ある方でいいですね。
うちの旦那は写真に全く興味なく、「もういいだろ」って、いつもサッサと切り上げちゃうんです。
じっくり撮りたいんだけど。。。ってこともしばしば。
いつか、この穴の中に沈む夕日を見てみたいです。
那智の大滝も明るい時間にまた来てみたいなあって思います。

URL | YORK #TILiiLos | 2013/08/18 21:26 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form