09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

エトランゼ~異邦人~

さだまさしさんと写真をこよなく愛するYORKのBlogです

秋、、、色付く花梨・・・ 

庭の花梨の木、春には可愛い花をつけました。

 


 

その花が、夏になり、少しずつふくらみ・・・

 


 

そして、ようやく秋になり、少しずつ色づき始めました。

 


 

雨に濡れて、しっとりと。。。もうすぐ黄色く色付きます・・・

 


 

雫の向こうは、一体どんな世界でしょう・・??


 

雫の向こうには、一体誰が待っているのでしょう??

 

花梨の実は、花梨酒に。。。蜂蜜漬けに。。。
風邪の流行る冬が来る前に準備しましょうか・・・・

スポンサーサイト

Posted on 2005/10/30 Sun. 08:50 [edit]

category: 秋の空・秋の風景

TB: --    CM: 10

30

泪の雫・・・ 


 

私なら一人で大丈夫・・・
もう待つことに慣れてしまったから・・・・
そうあなたに言ったとき、思わずこぼれてしまった泪の雫たち・・・


 


 

いつまで待てばよいのでしょう・・・?
どうか神様・・・・
いつまでもあの人を待つことができるだけの・・・
強い心を私にください・・・・・


 


 

あなたを待つことはできるけど、、、やっぱり本当は淋しい・・・
そんな気持ちを、あなたはわかってくれているのでしょうか・・・
絡まってしまったこの蜘蛛の糸のような、

行き場のないこの想いを。。。
私はどこに、、、、、誰に伝えたらよいのでしょう・・・・・・


 


 

雨上がりの今日、どこにも行けなかったので、やっぱり庭で写真を撮りました。
庭となると、どうしてもマクロになってしまいます。。。
(そして、被写体が同じだから、どうしても似た写真になってしまいますね。。。)
雨上がりだったので、水玉があちらこちらに、まるで泪の雫のようでした・・・・

Posted on 2005/10/29 Sat. 14:14 [edit]

category: 秋の空・秋の風景

TB: --    CM: 4

29

大胆な?!青鷺君。。。 

職場の中庭に、鯉たちが住む池があります。
そこに、朝、一羽の青鷺(多分青鷺だと思うんですけど、、、)が降り立っていました。


側に近づいても逃げようとしない。。。


虎視眈々と、鯉たちを狙い、人間が近づくのを恐がりもしない。。。
う~ん。。。大胆な奴め!!と思いながら、これも自然の摂理かもと思い見ていました。

 

さすがに数メートルの所まで近づくと、空に飛び立ちました。


大きな翼を広げ、飛び立ったので、ちょっと安心していたら、、、
なんと、すぐそこにちょこんと止まって、こちらを伺って居るではありませんか・・・・



私たちが居なくなったら、すぐにでも、鯉を捕まえてやるぞ!って。。。
気合いを入れながら、そこにじっとして。。。。
う~~~ん。。。青鷺君。。。。君の目の付け所はすごいよ。。。
池という狭い所なら、確かに捕まえやすいよね。。。
でも、できれば、、、捕まえないで欲しいんだけどね・・・・

 

田んぼによく見かける青鷺ですが、こんな建物の谷間で見ると、ちょっと違和感がありました。。。

Posted on 2005/10/28 Fri. 07:16 [edit]

category: 日記・旅行など

TB: --    CM: 8

28

待つ時間・・・・・ 

「また明日・・・」
そう言ってお日様が沈んでいった・・・

 


 

あなたを待つほんの少しの時間
まだかな、、、まだかな。。。。
期待がふくらむ・・・

 


 

「ただいま・・・」「お帰りなさい・・・・」
疲れた顔をして帰ってくるあなた・・・。。。。
その疲れを癒すことができるような笑顔で迎えたい。。。。

 


 

空のお月様と同じようなやさしい笑顔で・・・

 

う~~ん。。。`s(・'・;;) エートォ...
どうもすっきりした文章にならないのです・・・・
やっぱり、ダメ、、文才無いから・・・・
写真を見ながら、自分の思いを。。。
心に浮かぶ言葉をつなげるのだけど、、、
どうもすっきりまとまらない。。。。
さださんみたいに素敵な詩が書けるようになりたいなあ。。

Posted on 2005/10/26 Wed. 06:58 [edit]

category: 秋の空・秋の風景

TB: --    CM: 8

26

人の命はどこから・・・ 


 

生命は、どこから生まれてどこに行くのでしょう??
今、ここにいるあなた。。。
今、ここにいる私・・・
この葉に抱かれた水滴のように。。。。
あなたの腕に抱かれて、生まれた私。。。。

 


 

水滴の向こうには、何があるのでしょう??
今、あなたを愛してるこの心は、、、
私が亡くなったら、一体どこに行くのでしょう・・・

 


 

この小さな命も、私の命も、、、、
どこからやってきて、どこに帰って行くのか。。。。
生命って不思議で満ちあふれているね・・・・

 

祖母が亡くなり、ふと考えたこと・・・・
命って、いったいどこからやってくるのでしょう?
悩み、喜び、苦しみ、楽しみ、、、色々なことを考えられるこの心って。。。。
一体、どこからやってきて、どこに帰って行くのでしょう??
不思議だと思いませんか???
宇宙の中には、まだまだいっぱい、不思議が詰まっていますね・・・・
だからこそ、大切にしたいですね・・・この地球を・・・・

Posted on 2005/10/23 Sun. 23:24 [edit]

category: 秋の空・秋の風景

TB: --    CM: 8

23